WordPressの2つの記事の書き方「投稿記事」と「固定ページ」の違い

WordPressには、2つの記事の書き方が用意されています。
それぞれに用途が違いますので、その役割などを説明していきます。

WordPressは「投稿記事」と「固定ページ」の
2つが用意されています。

簡単に説明すると
投稿記事が、時系列で、カテゴリー内に並ぶブログ記事で
固定ページは独立した1ページとして表示出来ます。

動画マニュアル

この記事は、動画マニュアルを用意しています。
合わせて参考にしてください。

 

「投稿記事」と「固定ページ」のそれぞれの役割とは?

それでは、「投稿記事」と「固定ページ」の
それぞれの特徴を説明していきます。

投稿記事

投稿記事は、ダッシュボードメニューの「投稿」から表示します。

ab00008090

 

通常記事を書く場合は、こちらの「投稿記事」を利用します。

記事を作成した場合に、必ずカテゴリーページを挟んで、投稿記事が表示され、
並び順は時系列で投稿順に表示される形になります。

1231_thumb

またブログ特有のRSSを生成しますので、トラックバックやPing送信が可能です。
通常のブログ記事と同じですので、コメント欄などもついています。

 

 

固定ページ

固定ページは、ダッシュボードメニューの「固定ページ」から表示します。

ab00008091

 

固定ページを作成した場合ですが、時系列でもカテゴリー所属にもならず、
独立した1ページになります。

自分でリンクを設置しないかぎり表示されませんので、
グローバルメニューに設置するページや

お問い合わせ、プロフィールなどトップページから
直接リンクさせたいページを構成する場合に有効です。

7894_thumb

ブログでは、WordPressを利用してサイト風に仕上げる場合も有効で、
自分でカテゴリーを作成して、自由にデザイン構成したい場合も
固定ページを利用したりします。

あくまで固定ページは、HTMLサイト扱いですので、
RSSが生成されずPing送信を行いません。

また多くのテンプレートでコメント欄が無いです。

 

通常の記事は、記事投稿で作成して、
トップページから直リンクさせる場合は、固定ページを利用しましょう。

 

以上

WordPressの2つの記事の書き方「投稿記事」と「固定ページ」の違いでした。

無料メルマガにて、私マメボーwの秘密を大公開!

メルマガ登録はこちら

 ブ、ブログじゃ言え無い・・・稼ぎの秘密公開します!
特別な才能は一切なしの私が、なぜ安定して月収200万円稼いで独立出来たのか
アホ話を交えながら包み隠さず伝えていきます。

氏名(H.N可)  姓:名:
メールアドレス 
確認用メールアドレス 

コメントを残す




CAPTCHA