WordPressを手動でインストールするために必要なツール

レンタルサーバーに自動インストールが搭載されておらず、
WordPressを手動でインストールする場合に、必要なツールをご紹介します。

それでは、インストール作業に必要なものを説明していきます。

解凍ソフトユーティリティー

ダウンロードしたほとんどのファイルはサイズを軽くするために圧縮されています。
WordPressも同じく圧縮されており解凍するには解凍ソフトが必要になります。

 

Lhaplus

外部 DLL 不要で解凍(デコード) 22 形式,圧縮(エンコード) 13 形式に対応した新鋭総合アーカイブ

 

Lhaca デラックス版

DLL不要で、LZH,ZIP,CAB,GZ,Z,BZ2,TAR,TGZ,TAZ,TBZ,JAR,ARJ,RARファイルの
圧縮・解凍・分割・一覧が可能

↑2つがお勧めです。
これ2つでほとんどの物が解凍出来ると思います。

 

テキストエディタ

ほとんどはWordPressの管理パネルで操作出来ますが、細かい設定や比較したりするのに便利です。
Windows標準搭載で「メモ帳」が入っていますが文字化けしたり、色が一色のため不十分です。
HTML編集に特化したテキストエディタをご紹介します。

EmEditorフリー版

多くの文字コード・プログラム言語に対応したフリーのテキストエディター

 

Crescent Eve

メモ帳のようにシンプルな画面構成のエディタ HTML編集機能(文法チェック・プレビュー等)付

 

MAC用「mi」

mi は Mac OS X 用のテキストエディタです。

FTPソフト

FTPソフトは、WordPressの本体をサーバーに設置するのに必要になります。

FFFTP

漢字コードの変換もできるFTPクライアント定番ソフト
FFFTP設定方法はこちら

 

MAC用Fetch

Macintosh専用ファイル転送ソフトで有名な定番ソフトです。
※有料です。

無料メルマガにて、私マメボーwの秘密を大公開!

メルマガ登録はこちら

 ブ、ブログじゃ言え無い・・・稼ぎの秘密公開します!
特別な才能は一切なしの私が、なぜ安定して月収200万円稼いで独立出来たのか
アホ話を交えながら包み隠さず伝えていきます。

氏名(H.N可)  姓:名:
メールアドレス 
確認用メールアドレス 

コメントを残す




CAPTCHA