WordPressで記事の自動保存を無効にするプラグイン『Revision Control』

WordPressのVer2.5より導入された記事の自動保存機能ですが、
記事下書きを自動保存してくれるので、ブラウザーが固まった時など助けられたのですが、
逆に無駄に post_idが増え続け、さらに削除出来ないなど不便な面も多いです。
Revision Controlを使えば、無効、有効、保存回数指定が行えるようになります。

ab00007578

 

Revision Controlインストール

ダッシュボードのプラグイン新規追加より『Revision Control』でキーワード検索し、インストールをクリックします。ポップアップ画面が出ますので、「今すぐインストール」をクリックし、完了しましたら、プラグインの有効化をクリックして完成です。

WordPressプラグイン、Revision Control

 

ダッシュボードの設定タブ内から設定が可能です。

Revision Control設定画面

 

Revision Controlの使用方法

Revision Control使用方法

Revision Control設定画面より、投稿・ページ両方共に使用しないにチェックを入れ保存すれば完了です。
Lomito to Revisionsですが、保存回数を選ぶことも可能です。

無料メルマガにて、私マメボーwの秘密を大公開!

メルマガ登録はこちら

 ブ、ブログじゃ言え無い・・・稼ぎの秘密公開します!
特別な才能は一切なしの私が、なぜ安定して月収200万円稼いで独立出来たのか
アホ話を交えながら包み隠さず伝えていきます。

氏名(H.N可)  姓:名:
メールアドレス 
確認用メールアドレス 

4件のトラックバック

コメントを残す




CAPTCHA