WordPressでユーザー権限を自由に管理できるプラグイン「Role Manager」

WordPressには、ユーザー権限を付けて複数のユーザーでブログを管理することができます。
ただ、デフォルト状態では5段かいしかなく、その権限を細かく管理することができるプラグイン「Role Manager」をご紹介します。

 

ユーザー権限管理プラグイン「Role Manager」

WordPressには、複数のユーザーでブログを管理することができるように
ユーザの権限を設定することが可能です。

全部で、5段階あり、管理者・編集者・投稿者・寄稿者・購読者 に分類できます。

screenshot_16

詳しいユーザー権限については、WordPress公式を参照

ユーザー権限は。この画像の通り5段階で分類していますが、
細かく設定することはできません。

「Role Manager」は、この一律で決められた権限を細かく管理して変更することができる
プラグインになっており、新しく権限などの作成も可能です。

 

Role Managerのインストール方法

それでは、早速Role Managerのインストール方法について説明します。

このプラグインは、WordPressの公式に登録されていないので、
zipファイルからインストールが必要です。

screenshot_18

Role Managerダウンロードサイト

まずは、こちらの作者サイトから「Role Manager」をダウンロードします。

 

screenshot_20

WordPressのダッシュボードからプラグイン ⇒ 新規追加 ⇒ アップロードを選択して、
先ほどダウンロードした「role-manager-***.zip」をインストールします。

 

screenshot_22

無事にインストールが完了すると、ユーザーの中に新しく制限項目が追加されます。

 

 

screenshot_23

ユーザーから「役割グループ」をクリックすると各ユーザー制限の項目を変更することが可能です。

Administrator :管理者
Editor :編集者
Author :投稿者
Contributor :寄稿者
Subscriber :購読者

こんな感じで、それぞれの項目にチェックを入れていくと良いです。

英語で何がどの項目かわからない場合は、
トモツグさんのブログで解説されていますので参考にしてください。

screenshot_24

role managerの権限一覧表

 

以上

WordPressでユーザー権限を自由に管理できるプラグイン「Role Manager」でした^^

無料メルマガにて、私マメボーwの秘密を大公開!

メルマガ登録はこちら

 ブ、ブログじゃ言え無い・・・稼ぎの秘密公開します!
特別な才能は一切なしの私が、なぜ安定して月収200万円稼いで独立出来たのか
アホ話を交えながら包み隠さず伝えていきます。

氏名(H.N可)  姓:名:
メールアドレス 
確認用メールアドレス 

コメントを残す




CAPTCHA