短縮URLを簡単に作成できるWordPressプラグイン「Pretty Link Lite」

WordPressで短縮URLを簡単に作成できるプラグイン「Pretty Link Lite」をご紹介します。
無料で簡単に利用できて、そして多機能!クリック解析も可能ですので、ネットビジネス必須ですね^^

Pretty Link Lite

 

こんにちは、マメボーwです。
本日は、WordPressで短縮URLを管理出来るプラグインをご紹介します。

私も良く短縮URLを使うのですが、クリック解析に使ったり、URLをスッキリ見せたり、
結構いろいろな用途で利用しています。

今までは、短縮URLツールを使っていたのですが、
ふと、WordPressのプラグインでないんだろうな~って思って、
探したら、やっぱりありました( ´∀`)

使った感じもかなり良いですし、

・クリック解析機能
・リダイレクト形式の変更
・短縮URLを任意で変更
・グループ管理が可能
・nofollowリンクにする機能

など、基本的に使いたいって部分もしっかり搭載しています。

有料版もあるっぽいですが、無料版で十分に使えますので、
インストール方法からご紹介していきます^^

 

Pretty Link Liteのインストール方法

それでは、早速インストールからご紹介していこうと思います。

って、いっても通常のインストールで可能ですので、

ダッシュボードからプラグインの新規追加をクリックして、
「Pretty Link Lite」で検索をかけます。

インストール

 

検索を行うと、一覧の1番上に表示されますので、
プラグインの有効化を行います。

プラグインの有効化

 

ダッシュボードの設定の下辺りに、「Pretty Link」が追加されたら、
インストールは完了です^^

日本語には対応しておらず英語のみってのが残念ですが・・・

設定に登録される

 

Pretty Link Liteで短縮URLを作ってみよう!

無事にインストールが終わりましたら、
早速短縮URLを使ってみようと思います。

取りあえずですが、英語ですので、chromeを駆使して
翻訳しながら探り探りでここからは、自分用としても説明して行きます^^

1.まず各項目はこんな感じになってます。

Pretty Link Liteのパネル説明

 

2.Add New Linkをクリックして、新規登録を行います。

短縮URLの登録画面が表示されますので、それぞれの短縮URLを作成します。

登録しましたら「Create」をクリックして、登録完了です。

短縮URLの作り方

 

Redirection Type:
301と307がありますが、通常は307を選択してください。
301は引越などの永久リンクを表しますので、サイト評価も移動の対象になります。

Target URL:
短縮したいURLを入力します。

Pretty Link:
実際の短縮URLです。任意で作成することも可能です。

Title:
管理用の名前ですので、好きな名前を入力してください。

Group:
グループを作成している場合に利用出来ます。

Parameter Forwarding:
パラメーター転送です。
私もこの辺は良くわかりませんが、通常はチェックしなくて良いです。

SEO Options:
nofollowリンクにする場合にチェックを入れます。
アフィリリンクなどで短縮URLを作るときに有効です。

Tracking Options:
クリック解析を利用するかどうかの設定が可能です。
同時にクリック解析を行う場合は、チェックしてください。

 

3.作成した短縮URLは、Pretty Linkの一覧に登録され、
この中で管理出来ます。

一覧画面

 

4.各短縮URLを一覧から管理出来ます。
マウスを当てると、編集パネルが表示されますので、編集や削除、解析が可能です。

一覧画面で編集も可能

 

グループを作成する

次にグループの作成方法を説明します。

1.Groupをクリックして、「Add a Pretty Link Group」をクリックします。

グループ作成

 

2.グループの登録画面が表示されますので、
それぞれの項目で作成します。Links:でチェックを入れることで、
すでに作成した短縮URLもグループ化可能です。

グループ作成設定方法

 

クリック解析機能

次にクリック解析機能です。
Hitsをクリックすることで、設定した短縮URLのクリック解析が可能です。
ちょっとまだ設定したばかりで、どんな感じで出るか不明ですが、一応

IPアドレスや日付け、クリック数の確認が可能です。

オールリンクのCSV化も可能ですので、
結構使いやすいかもしれません。

クリック解析機能

 

オプション設定

次にオプション設定です。
Optionsをクリックして、

・Link Options [+]
・Reporting Options [+]

の「+」をクリックすることで、それぞれのパネルが表示されます。

オプション設定

 

Link Options

Link Options

Track Link :
クリック統計を使うかどうかを選択出来ます。

Add nofollow to Link :
nofollow機能を選択できるかどうかの設定

Use a prefix from your Permalink structure in your Pretty Links:
パーマリンクを引き継ぐかのどうかのようですが、そのままで良いと思います。

Default Link Redirection Type :
初期状態で、301と307どちらを表示するかってことですが、
こちらも短縮URLなら301の利用頻度は少ないと思うので、307で大丈夫です。

WordPress Redirection Action:
この辺はわかりませんでした。リダイレクトの処理方法のようですが、
そのままで良いと思います。

 

Reporting Options

Reporting Options

Excluded IP Addresses:
除外するIPアドレスを登録することが可能です。

Filter Robots:
検索エンジンのクローラーを統計に加えるかどうかの設定です。
特にいらない場合は、チェックをしておきましょう。

Tracking Style:
クリック統計の表示パネルを変更出来ます。
それぞれによって見やすさが違いますので、自分が確認したい統計画面を
選択することが可能です。

 

その他の設定

その他、「tool」と「Pretty Link Pro」がありますが、

tool

toolは、短縮URLのページをブックマークレットすることが可能になってます。
お気に入りなどに登録しておけば、WordPressにログインしなくても、素早く短縮URLを作成可能です。

Pretty Link Pro

有料版を購入したときにIDとパスを入力することで、
プロ版に変更出来ます。

機能面は私も詳しく調べれませんでしたが、
$97と$37のバージョンがあるようです。
取りあえず、短縮URLとして利用するなら無料版で十分だと思いますよ^^

 

以上
短縮URLを簡単に作成できるWordPressプラグイン「Pretty Link Lite」でした^^

意外と短縮URLでしっかりしたものってありませんし、
無料のものを使うと、気がついたらリンクが切れていたってことも多いと思います。

やはり自分のサーバーの中で管理するのが
一番安心ですので、そういった意味でも欠かせないプラグインかもしれません^^

無料メルマガにて、私マメボーwの秘密を大公開!

メルマガ登録はこちら

 ブ、ブログじゃ言え無い・・・稼ぎの秘密公開します!
特別な才能は一切なしの私が、なぜ安定して月収200万円稼いで独立出来たのか
アホ話を交えながら包み隠さず伝えていきます。

氏名(H.N可)  姓:名:
メールアドレス 
確認用メールアドレス 

コメントを残す




CAPTCHA