X2(エックスツー) WordPress、MySQLの自動インストール方法

こんにちは、マメボーwです。

X2(エックスツー) レンタルサーバーでの
WordPress自動インストール方法をご説明します。

X2(エックスツー) は、MySQLの自動生成機能も備えていますので、
データベースの作成も含め数秒でWordPressの自動インストールが可能です!

WordPressの更新なども早く安心して利用可能^^
一度覚えてしまうと簡単ですので、確認してください。

また、X2(エックスツー) について徹底評価や申込み手順などは、こちらの記事でまとめています。
利用前の方はこちらを参考にしてください。

X2(エックスツー)レンタルサーバーの徹底評価と申し込み方法

ステップ1:独自ドメインを設定前の方はこちらを参照ください。

WordPressの自動インストールを行う前に、独自ドメインなどを設定する場合は、
こちらの記事でまとめていますので参照ください。

X2(エックスツー) 独自ドメインの取得と設定方法

 

ステップ2:WordPressのワンクリック自動インストール

それでは、WordPressのワンクリック自動インストールについて説明します。

 

ab00004858

まずはサーバー管理パネルにログインします。

 

ab00004859

ホームページ項目から「ワンクリックインストール」をクリックして、
インストールしたいドメインを設定します。

ドメインの設定方法については、
X2(エックスツー) 独自ドメインの取得と設定方法

こちらを参照ください。

 

ab00004861

追加インストールをクリックして、
WordPress項目から「インストール設定」をクリックします。

 

ab00004862

まずは、「自動でデータベースを生成する」にチェックを入れます。

次に※1の部分ですが、ディレクトリの指定項目です。
通常は空白でOKです。

空白の場合の例: http://aaa.com

「wp」と入力した場合:http://aaa.com/wp

このようにトップページのアドレスが変わります。

ブログ名、メールアドレスを入力して、
「インストールする」をクリックして、作業を進めてください。

 

ab00004864

WordPressのインストール画面になりますので、
後は手順通り行うことで、インストールが完了します。

 

※トップページが表示されません!!

ab00004863

WordPressのインストール後、ログインは出来るのに、
トップページだけが表示されない場合は、
エックスツーのindex.htmlの壁紙が残っている状態になってます。

トップページは必ずindexという名前になるようになってますが、

エックスツーとindex.htmlとWordPressのindex.phpが
ケンカをしてエラー状態になってます。

FTPアカウントや、お使いのFTPツールを使って、public_htmlの中に入り、
index.htmlを削除してください。

 

これで無事にトップページが表示されるようになります。

 

 

以上

X2(エックスツー) WordPress、MySQLの自動インストール方法でした。

無料メルマガにて、私マメボーwの秘密を大公開!

メルマガ登録はこちら

 ブ、ブログじゃ言え無い・・・稼ぎの秘密公開します!
特別な才能は一切なしの私が、なぜ安定して月収200万円稼いで独立出来たのか
アホ話を交えながら包み隠さず伝えていきます。

氏名(H.N可)  姓:名:
メールアドレス 
確認用メールアドレス 

コメントを残す




CAPTCHA