WordPressで記事表示件数を変更するプラグイン『Custom Query String Reloaded』

通常WordPressでは、トップページ、カテゴリー、アーカイブで表示できる一覧数は、
一律になっており個別で変更することが出来ません。

Custom Query String Reloadedを使うことで、別々に表示数を変更出来ますので、
非常に便利なプラグインです。

ab00007582

 

Custom Query String Reloadedインストール方法

公式プラグインではないため、ZIP形式からのインストールになります。

1.Custom Query String Reloaded←から本体をダウンロードします。

上記より公式サイトに行き真ん中の『Download and enjoy!』を
クリックして本体をダウンロードします。

Custom Query String Reloaded ダウンロード

 

2.プラグイン新規追加よりZIP形式でアップロードを行い、
プラグインを有効化させてください。

プララグインのインストール方法がわからない場合はこちら

WordPressプラグインのインストール→『新規追加』←詳しくは②を参照下さい。

Custom Query String Reloaded インストール

 

3.正常にインストールが完了すると、
ダッシュボード→設定にCQS項目が追加されますのでこちらから設定が可能です。

Custom Query String Reloaded 使用開始

 

Custom Query String Reloaded設定方法

設定方法を説明します。

下の画像を参考に、 最初は④と⑤しか表示されていません。

④のQueryから変更したい項目を選択して、
「Add」で追加していきます。

カテゴリー別(アーカイブ別)で表示件数を変えたい場合は
⑤のCategoryを指定して追加してください。

 

例:トップページの表示件数を変更する

④のQueryから「is_home 」を選択します。
Showに表示件数を入力
Order Byで何順で表示するか指定します。
「Add」をクリックして追加します。

これで適応されるので非常に簡単ですね。

各部分の説明

以下細かい詳細部分の説明です。

Custom Query String Reloaded 使用画面

①設定済み一覧

②設定済み一覧から削除します。

③全項目にチェックを入れます。

④各ページごとに表示件数や表示ルールを設定できます。

各名所について説明

Condition:
表示件数やルールを変更したいページを選択します。選択出来るページ下記を参照

    • is_archive アーカイブページ全般
    • is_author 投稿ページ
    • is_category カテゴリーページ
    • is_date 時系列アーカイブ全般
    • is_year 年別アーカイブ
    • is_month 月別アーカイブ
    • is_day 日別アーカイブ
    • is_time 時間別アーカイブ
    • is_search 検索結果ページ
    • is_home トップページ
    • is_paged 各ページ(トップ以外)
    • is_feed RSSフィードページ
    • is_tag タグ一覧ページ

 

Show
ページを何件表示するか設定できます。

Order By
並び替えルールの設定

・date 日付順
・category カテゴリー順
・title 記事タイトル順
・author 投稿者順
・DESC 降順
・asc 昇順

⑤各カテゴリーの表示件数や表示ルールを設定できます。

Condition:
表示件数やルールを変更したいカテゴリーページを選択します。
作成したカテゴリー別に作成可能です。

Show:
ページを何件表示するか設定できます。

Order By:
並び替えルールの設定

・date 日付順
・category カテゴリー順
・title 記事タイトル順
・author 投稿者順
・DESC 降順
・asc 昇順

無料メルマガにて、私マメボーwの秘密を大公開!

メルマガ登録はこちら

 ブ、ブログじゃ言え無い・・・稼ぎの秘密公開します!
特別な才能は一切なしの私が、なぜ安定して月収200万円稼いで独立出来たのか
アホ話を交えながら包み隠さず伝えていきます。

氏名(H.N可)  姓:名:
メールアドレス 
確認用メールアドレス 

2件のトラックバック

コメントを残す




CAPTCHA